研修会報告 1/23 臨床血液部門 

 凝固検査の症例では、検査の進め方を含めながらの発表であり、とても勉強になりました。血液形態は患者背景を考慮しながらも、形態でいかに遺伝子異常を見極めるかも重要で、いかに早く診断。治療に繋げられるか、当然ではありますが、その背景には患者さんがいることを常に忘れてはならないと改めて考えさせられました。                       部門長 阿部 まゆみ

タイトルとURLをコピーしました